製品の強み

多店舗・チェーン店の課題を解決するアプリケーション

店舗運営支援アプリケーション「Orange Operation(オレンジオペレーション」は、これまでに全国1300店舗以上を展開する大手企業様にもご利用いただいています(※)。全店の売上データや顧客データはすべて統合データベース(Orange DB)で一元管理され、本部や各店舗からリアルタイムに情報を共有、取得、分析まで行うことが可能です。複数台からのデータベースへの同時アクセスにも耐えうる情報処理能力を兼ね備えているので、滞りなくレジ操作を行うことができます。※2016年12月時点

統合データベースで全店舗の情報を一元管理

Orange Operationでは、全店舗の売上、在庫状況、顧客情報を統合データベース(Orange DB)にて一元管理します。全てのデータを店舗や管理本部から参照し、さまざまな施策に活用できます。

統合データベースで全店舗の情報を一元管理

商品マスターを本部で一括管理

本部で登録した商品マスターを、各店舗のPOSシステムに一括反映できます。店舗ごとに商品を登録する手間とコストを省くことができ、商品名・価格の情報統一を可能にします。新店舗をオープンする場合でも、既に登録した商品マスターから簡単にデータを複製でき、スムーズに店舗運営を開始することができます。店舗側から個別に商品登録があった場合でも、商品マスターに瞬時に反映され、データが重複して登録されるのを防ぎます。

商品マスターを本部で一括管理

ポイント・会員管理に対応

すでに店舗に導入されているポイントカードと、Orange Operationの顧客リストを紐づけて連携することができます。ポイント制度を新たに導入する場合でも、顧客リストからIDを発行して新たにポイントカードを発行することができます。カード型だけでなく、スマートフォンやアプリからQRコードやバーコードを表示させるカードレス会員証にも対応しています。

ポイント・会員管理に対応

全店舗の在庫状況が一目瞭然

複数店舗の在庫を一元管理できるため、いつ、どこに、どの商品が何個あるのかをひと目で確認することができます。店舗に在庫がない商品でも、近隣の他店舗の在庫をその場ですぐに調べて店舗送客を促し、販売機会を逃しません。管理本部から店舗在庫を確認し、地域ごとの商品在庫の偏りを平均化することもできます。

全店舗の在庫状況が一目瞭然

豊富な売上集計機能で作業時間を短縮

各店舗の売上記録は、リアルタイムに統合データベースに反映・集計されます。売上集計は担当者別集計、部門別集計、客層別集計に対応しています。各店舗での日々の店閉め作業にかかる時間を圧縮し、集計ミスを未然に防ぐことにもつながります。店舗と本部間でのFAXなどによる面倒なやりとりも削減することができます。

豊富な売上集計機能で作業時間を短縮

的確な顧客分析、販売分析ができる

顧客の年代や性別、購入履歴や好みに合わせた商品を紹介するメルマガを配信したり、販売促進に効果的なクーポンを配信することができます。また、ABC分析による各店舗の在庫調整や、重点商品の販売促進、RFM分析・CPM分析による顧客の囲い込み施策など、統合された情報を活かしてあらゆる角度から店舗運営の現状を分析をすることができます。

的確な顧客分析、販売分析ができる

まずはお気軽にお問い合わせください

製品の構成、周辺機器、利用料金などに関するお問い合わせはこちら