PARTNERS

パートナー向け

「Orange Operation」共同開発・アライアンスについてのご紹介

当社にはWeb領域としてEC(Web)構築パッケージ「EC-Orange」と、店舗・リアル領域としてビジネスアプリケーション環境を構築する「Orange Operation」がございます。
また、オンラインとリアルを融合させたオムニチャネルの構築開発やVRやAI、IoT等最新技術を組み合わせた開発を行うインテグレーション事業や家電開発をベースとしたハードウェアの開発、製造も行っております。

当社の領域とパッケージ製品について

  • EC(VR)領域

    マルチテナント、マーケットプレイス、多言語(海外対応)、法人取引や実店舗連携、VRコマースといったありとあらゆる形のECサイトの構築が可能です。
    オープンソースなのでベンダーを選ばずパッケージをベースに機能追加や既存基幹サービス、各種サービス連携する等、自由に開発が行えます。

  • 店舗領域

    POSレジやセールスプロモーションなど、店舗業務や販促に関わるシステム開発をメインとします。コスト削減から売上向上まで、ご要望に合わせた解決案をコンサルティング致します。

パッケージ製品販売・代理店

ビジネスアプリケーション環境を構築する「Orange Operation」等のパッケージ提供(OEM提供含む)・代理店販売も受け付けております。
仕入れてお客様へ販売したい、OEMとして自社販売したい、どちらの手法でも対応させて頂きます。

御提供パッケージ

商流

エスキュービズム > 貴社 > エンドユーザ/エスキュービズム > エンドユーザ エスキュービズム > 貴社 > エンドユーザ/エスキュービズム > エンドユーザ

※キックバック方式

キックバック及び卸価格に関しては案件規模などにより都度調整させて頂きます。
サーバーへのインストールや保守サポートプランもご用意しております。(※別途契約が必須です)

営業支援範囲

同行デモなど提案支援
  • 顧客先訪問時の製品デモストレーションをお手伝いします。
  • クライアントにマッチングした訴求の事例公開も可能。
  • 提案書作成に必要なパッケージ特徴や運用案などの資料をご提供します。
開発や納品支援
  • サーバーへのインストール作業をお手伝いします。
  • 店舗への納品や導入教育などを支援します。
  • エンドではなく、貴社への保守サポートも契約が可能です。
  • オープンソースなので、自社で追加開発をしても問題ありません。

プロジェクト共同開発(請負依頼)

共同提案による1次請け、もしくは2次請けでも問題ありません。以下タスクと役割分担で推進することが多いです。

役割分担一例

提案フェーズ

作業内容 貴社 S-cubism
見積書作成(当社製品とのFit&Gap等) -
顧客先訪問時の製品デモストレーション -
提案書作成
顧客先訪問時のプレゼンテーション

開発フェーズ

作業内容 貴社 S-cubism
要件定義実施
開発進捗報告
外部連携API開発
インフラ設計及び構築
データ移行
デザイン制作 -

運用フェーズ

作業内容 貴社 S-cubism
アプリケーション保守 -
インフラ監視・運用 - -
追加開発

開発領域に関して

受注後の開発領域は以下の通りです。

よくあるご質問

顧客との契約ではなく、パートナーに対しての保守は可能か。
はい、可能です。クライアントでもパートナー様でも、どちらでも締結することができます。
基幹システムや外部連携などの開発は可能か。
基本的にはバッチ処理やAPI連携する仕様になると思われます。大半のPJで連携が発生しますが、基本的には基幹(外部)側の仕様に当社の仕組みを合わせることが多いです。
インフラはどうしてるのか?DB構築は可能か。
当社が提案するのはAWSかニフティクラウドとなります。このどちらかであれば、当社側でミドルウェアの構築なども担当させて頂きます。
決済やその他サービスはどうしてるのか。
レコメンドや決済サービスで当社が標準連携している企業サービスはそのままご利用頂けます。それ以外は追加費用を頂いての開発対応となります。
互いに領域を分けて共同提案は可能か。
はい、もちろん可能です。提案書をそれぞれ作成したものをマージして、協力して最終プレゼンなどに臨むことが多いです。
当社メインの開発に貴社が一部参加することはできるのか。
可能ですが、ソースマージするときの手法など課題が幾つか存在します。
常駐でのエンジニア対応はできるのか。
基本はお断りしてます。ただし、リリース前後などの佳境フェーズに入ったときは、常駐してのお手伝いなどするケースはございます。
インフラの24,365など運用サポートは可能か。
当社パートナーと契約して頂いて対応致します。ただし、クラウドサービス限定の企業が多いため、自前物理サーバーなどはお断りしております。
パッケージの卸価格は幾らになるのか。
案件の規模などによりますが、最大で5掛けで対応させて頂きます。
顧客との契約ではなく、パートナーに対しての保守は可能か。
はい、可能です。クライアントでもパートナー様でも、どちらでも締結することができます。

ビジネスアライアンス

新しいビジネスモデルの企画から開発して情報拡散するまで、貴社の経営戦略に沿ったビジネス面での開発支援をお手伝いします。
開発後の運用サポートやPR支援など、レベニューシェアも視野に入れたビジネスアライアンスを締結することも可能です。

x 貴社での共同リリース

S-cubismが持つノウハウ(オムニチャネルソリューションの提供、IoTソリューションの提案、展開など)を活かし、新たなビジネス拡大の機会として取り組みのお手伝いをします。

企画 > 開発 > 拡散

ビジネスアライアンス事例:三井不動産リアルティ様

2016年10月19日 三井不動産リアルティ様との協同 記者会見

新規事業開発を支援
既存パッケージを元に開発実施
報道発表までを共同実施

既存パッケージシステムを元に、希望要件を盛り込んだ追加システムの開発および、ビジネスプロセス全体の導入を共同で推進いたしました。

また、本プロジェクトは、スペースシェアの新規参入であり、先行者に対して大きな利益が見込めるモデルであることから、報道向け発表会を実施いたしました。

開発期間・費用・お見積もりについて、専門スタッフがお答えします。
まずはお気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

03-6430-6732

( 受付時間 平日 9:30〜18:30 )