• このエントリーをはてなブックマークに追加

「Airレジ」に続き、新たに3つのサービスをリリース。飲食店の改善点をテクノロジーで解決

 リクルートライフスタイルは2018年1月30日、スマートフォンやタブレットをPOS(販売時点情報管理)端末として使えるようにするアプリ「Airレジ」に続き、新たに3つのサービスを提供すると発表しました。

 都内で開催した「Airレジ カンファレンス 2018」の基調講演では、店舗スタッフのシフト管理ができる「AirSHIFT」、注文の書き取りミスを減らす「AirREGIハンディ」、店舗の経営改善ツール「AirMATE」を2018年春から順次リリースするとしました。

新たにリリースされた3つのソリューション

 「AirSHIFT」はリクルートのバイトシフト管理アプリ「シフトボード」と連携し、AirSHIFTを通じてシフトボードに連絡し各スタッフの希望を聞くだけでなく、クラウド上にシフト表があるためにいつでもどこでも関係者がシフトを把握できる仕組みになっています。

 「AirREGIハンディ」は多くの飲食店で問題となる手書き注文票によるミスを軽減するアプリで、ミスや読み間違いを減らすだけでなく、会計時の手間も軽減することができます。これは大規模な飲食店で利用されているしているオーダーエントリーシステムをアプリで使えるようにしたもの。Airレジと連携してそのまま会計できるため、飲食店の利用客を待たせることもありません。

 「AirMATE」は、分かりやすいUIと複数サービスから集まる大量のデータを駆使して経営状態を把握し、改善策を実行して、振り返るというPDCAを回すことができるサービス。同社は数十万店舗が使っても快適に使える拡張性を得るため、Google Cloud Platformを使ってAirMATEを開発したとしています。

 飲食店において多くの支持を集めた「AirREGI」。今回のリリースで、飲食店には無くてはならないインフラ的存在へと進んでいきそうです。働き方改革が叫ばれる中、こうした機能を使って長時間労働を解消していく。そんな未来も遠くはないかもしれません。

リクルートライフスタイル、店員のシフト管理ができる「AirSHIFT」など新サービス
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/17/013003057/?ST=spleaf

PR:売上に貢献する大規模対応多機能タブレットPOSレジシステム「OrangeOperation」

POSをはじめとして翻訳接客、店頭店内サイネージ、在庫や顧客データの統合DBなどありとあらゆる業種のサービスをカバー。ネイティブアプリの次世代プラットフォームで小売革命を!

アーカイブ

ページ上部へ戻る