• このエントリーをはてなブックマークに追加

工程管理システムとは?手法からおすすめシステムまで徹底解説します

「工程管理システムって聞いたことあるけど、実際なんなのかはよくわかっていない…」

と感じている方。

工程管理とは、ある製品をあらかじめ決まっている数や質、原価、納期などに合わせて精算できるようにするため管理です。資材はもちろんのこと、設備や従業員の労働力まで管理します。

これにより、作業の効率アップやコスト削減、納期遅れを防ぐことが可能です。品質と生産性が一定になることで、顧客の満足度アップも期待できます。

この工程管理を人の手ではなく、システム上でできるのが工程管理システムです。

とはいえ、どのシステムを選べばいいのかなかなかわかりませんよね。

そこで今回は、

を紹介します。「いきなり導入は難しそう」と感じるかもしれませんが、概要をつかむだけなら簡単です。

まずは工程管理の考え方について、ざっくりと理解しましょう!

そもそも工程管理の考え方とは

工程管理とは、原料や設備、労働力など製造プロセスの中で必要なものを管理することです。

製造業など工場で商品を作る企業を中心に使われており、作業の効率アップやコスト削減、納期遅れの防止ができます。

工程管理によって作業の全体図が見えると、従業員1人あたりの役割がはっきりします。また課題や問題点もつかめるので、業務を改善することが可能です。

工程管理システムであれば、これらのことをシステム上で実現できます。

工程管理システムは、

  • 製造条件
  • 工程の在庫
  • 品質
  • 進捗

に関係します。ゆえに、作業の全体像をつかむことができるのです。

工程管理システムは「効率よく管理しつつ、顧客満足度をアップ」させるもの

工程管理システムを使って全体が見えることで、以下の効果が期待できます。

  • 作業の効率をアップする
  • 一定の品質と生産性をキープする

製品のクオリティが高まることで、顧客の満足度が上がり、結果としてさらなる受注や継続的な受注が期待できます。

ここまで工程管理システムについて、大まかに概要をお伝えしました。とはいえ、自社がどのようなシステムを導入すればよいのかは、まだわかりにくいかと思います。

続いては、おすすめのシステムを目的別に11個紹介します。

目的別、工程管理システムのおすすめ11選

ここからは工程管理システムのおすすめ11個を、

  • 手間や時間がかからない
  • 低価格
  • 特定の業種に特化
  • 精度が高くて細かい分析ができる

の順に紹介します。

手間や時間がかからず、柔軟に対応できる工程管理システム

まずは手間や時間をかけずに済む工程管理システムを

  • DEKISPART工程管理システム
  • SynViz S2
  • TONOPS シリーズ
  • TPiCS-X

の順に紹介します。

DEKISPART工程管理システム:ネットワーク図を自動で作成し、作業時間を短縮

DEKISPART(デキスパート)工程管理システムは、

  • ネットワーク図を自動で作成
  • フリーダイヤルで専門スタッフに問い合わせも可能

という特徴の工程管理システムです。

簡単に使用できるのはもちろんのこと、分からないことがあっても問い合わせに対応しており、工程管理で迷うことはないはずです。

画像出典:https://www.kentem.jp/products/kpmnet/

SynViz S2:エクセルのような工程表で使いやすい

SynViz S2は、

  • エクセルのような工程表を作成できる
  • 移行や新しいサービスに慣れるまで時間がかからない

という特徴の工程管理システムです。

エクセルで作ることができる管理表に似ていて見やすく、移行する場合もほとんど抵抗がないかと思います。

画像出典:http://www.hitachi-solutions-east.co.jp/products/synviz_s2/index.html/

TONOPS シリーズ:企業ごとに合ったパッケージやカスタマイズを提供

TONOPS シリーズは、自社に最適なパッケージやカスタマイズを提案してくれる工程管理システムです。

提案型でそれぞれの企業に合ったシステムを提案してくれるため、初めて工程管理システムを導入するときでも心配いりません。

画像出典:http://www.toray-eng.co.jp/products/info_cae/inf_001.html

TPiCS-X:1度きりなど個別の製造にも対応できるシステム

TPiCS-Xは、

  • 1度きりの工程管理にも対応できる
  • 少ない品数にも対応

という特徴の工程管理システムです。完全パッケージ型なので、すぐに導入できるのもメリット。

画像出典:http://www.tpics.co.jp/

低価格で導入できる工程管理システム

続いてはコストをおさえたい企業様におすすめの、

  • アシスト-Line
  • KouTei STARTER

を紹介します。

アシスト-Line:総務や経理、人事の作業を任せることでコア業務に集中できる

アシスト-Lineは、

  • 総務や経理、人事専門
  • カスタムメイドの料金プランを提案可能
  • コア業務に集中できる

という特徴の工程管理システムです。

工程管理がメインですが、総務や経理、人事などの作業を任せることができます。そのため売上に直結する業務に集中しやすいのがメリットです。

画像出典:https://as-line.jp/

KouTei STARTER:予算に合わせて4つの金額ごとのプランから選択

KouTei STARTERの魅力は、予算に合わせて以下4つのプランから選択できることです。

  • 65万
  • 100万
  • 400万
  • 毎月15万〜

金額によってカスタマイズが異なるため、初めて工程管理システムを使うときでも少しずつ試すことが可能です。

事例など詳しくはKouTei STARTER公式:改善事例をご覧ください。

画像出典:http://www.heartis-sc.co.jp/koutei_starter

特定業種などに特化した工程管理システム

続いては特定業種に特化した、

  • DIRECTOR6
  • サクッと工程
  • Assist Line / システムクリエイト

を紹介します。

DIRECTOR6:日本で初めて個別受注生産を専門に工程管理をカバー

DIRECTOR6は、

  • 個別の受注生産に特化した専用の生産スケジューラあり
  • ものづくりのでの実績をもとに工程管理を実施
  • コスト削減が期待できる

という特徴の工程管理システムです。

事例など詳しくは導入事例|土井精工株式会社様をご覧ください。

画像出典:http://director.cimtops.co.jp/

サクッと工程:治工具製造業など、専門業社300社への導入実績あり

サクッと工程は、

  • 金属部品加工業や治工具製造業、樹脂加工業、部品組立業などに特化
  • 300社の導入実績
  • 最大で1カ月の無料貸し出しあり

という特徴の工程管理システムです。

今まで300社以上の専門業者から使用されています。多くの製造業の導入実績があるため、さまざまな事情に対応できるはずです。

画像出典:http://www.smart-go.net/sk/

Assist Line / システムクリエイト:漏れをなくして無駄な生産コストを削減

Assist Line / システムクリエイトは、

  • 樹脂加工業や金属加工業の中小企業向け
  • バーコードを読み取るだけで現場の実績状況をリアルタイムで反映
  • 正確な指示を出すことができる

という特徴の工程管理システムです。

指示が正確なため漏れがなくなり、結果として生産のムダを削減できます。

画像出典:http://www.systemcreate-inc.co.jp/products/it/management/assist.html

精度が高く、細かい分析ができる工程管理システム

続いては精度が高くて細かい分析もできる、

  • TimeTrackerNX
  • Beingproject-CCPM

を紹介します。

TimeTrackerNX:大手製造業からソフトウェア開発などウェブ関連まで対応可

TimeTrackerNX(旧バージョン名:TimeTrackerFX)は、

  • ソフトウェア開発やウェブ制作などデスクワーク業務にも使用できる
  • 1分から工数入力ができる
  • ガンチャートのイナズマ線で各工程の状況をすぐに判断可能

という特徴を持つ工程管理システムです。細かく分析することができつつも、大手の製造業からWeb関連まで、幅広い業界に対応できます。

画像出典:https://www.timetracker.jp/

Beingproject-CCPM:工事ごとに進み具合を把握できる

Beingproject-CCPMは、

  • 複数の工事を一元に管理できる
  • 工事ごとの進捗状況を色別に表示

という特徴の工程管理システムです。

計画の進み具合だけでなく、「どれだけ遅れているか」も把握することが可能。そのため遅れがあっても、すぐにスケジュールを修正できます。

画像出典:http://www.beingcorp.co.jp/product/bp-ccpm/

自社に合った工程管理システムでコスト削減&売上アップを!

ここまでをおさらいします。

工程管理とは、ある製品をあらかじめ決まっている数や質、原価、納期などに合わせて精算できるようにするため管理です。

作業の効率アップやコスト削減、納期遅れを防ぐことが期待できます。

そしておすすめとして、以下の11個を紹介しました。

【手間や時間がかからない】

  • DEKISPART工程管理システム
  • SynViz S2
  • TONOPS シリーズ
  • TPiCS-X

【低価格】

  • アシスト-Line
  • KouTei STARTER

【特定の業種に特化】

  • DIRECTOR6
  • サクッと工程
  • Assist Line / システムクリエイト

【精度が高くて細かい分析ができる】

  • TimeTrackerNX
  • Beingproject-CCPM

自社の特徴や目的に合ったシステムを選ぶことで、作業の効率は想像しているよりもあがります。

まずは自社にどのシステムが合っているか、検討することから始めてみてください。

この記事を書いた人
黒田剛司

大阪市立大学商学部を卒業後、新卒で独立。学生時代に身につけた経営・流通・マーケティングなどの知識を活かし、コマースについて幅広いジャンルで執筆。また、サイト制作やWebメディア運営も請け負っており、IT系の記事作成も可能。無類の動物好き。

記事に関連するサービス
  • ORANGE POS
  • デジベル
ORANGE POS構築事例

S-cubism ニュースレター登録

お役立ち資料ダウンロード
軽減税率対策5つのチェックリスト
店舗運営に役立つ流通用語集
体験させて購買に結びつける「売れる」デジタルプロモーション x Commerce(クロスコマース)
MA・DMPツール 導入/運用支援
ページ上部へ戻る