交叉比率

読み方:こうさひりつ

粗利益率×商品回転率で求められる販売効率を見る指標です。粗利率が高い商品は確かに利益を生みますが、販売の現場では高粗利商品ほど回転率が悪く数が売れないということも多々あります。逆に、数は多く売れるが粗利は低い、いわゆる薄利多売という商品も多いです。このため、特に小売業では、粗利益率と商品回転率のバランスから販売効率を見るため、交叉比率という指標が用いられています。

記事に関連するサービス
  • ORANGE POS
  • デジベル
ORANGE POS構築事例

S-cubism ニュースレター登録

お役立ち資料ダウンロード
軽減税率対策5つのチェックリスト
店舗運営に役立つ流通用語集
体験させて購買に結びつける「売れる」デジタルプロモーション x Commerce(クロスコマース)
MA・DMPツール 導入/運用支援
ページ上部へ戻る