差別対価

読み方:さべつたいか

正当な理由なしに、地域または相手により、差別的な対価で物質、資金その他の経済上の利益を供給し、または供給を受けることです。「独占禁止法」で不公正な取引方法として指定し、禁止しています。

エスキュービズムニュースレター!
記事に関連するサービス
  • Orange Operation
  • ねがブロ
Orange Operation 構築事例
店舗のミライ塾
オンライン、オフラインをまたがり、技術を掛け合わせ、新たなマーケティング領域へ
店舗運営に役立つ流通用語集
お役立ち資料ダウンロード
ページ上部へ戻る