慣習価格 (カスタマリープライス)

読み方:かんしゅうかかく(かすたまりーぷらいす)

消費者その商品群に対してもっている大ざっぱな価格の目安。たとえば、豆腐なら90円とか、ガムなら100円といったように、消費者の心理に長期間にわたって固定してきたもの。慣習価格を変更するには、新しいコンセプトをもった商品を出すとか、品質、数量、パッケージなどを変えるといったことが必要とされます。

記事に関連するサービス
  • ORANGE POS
  • デジベル
ORANGE POS構築事例

S-cubism ニュースレター登録

お役立ち資料ダウンロード
軽減税率対策5つのチェックリスト
店舗運営に役立つ流通用語集
体験させて購買に結びつける「売れる」デジタルプロモーション x Commerce(クロスコマース)
店舗スタッフの動画投稿から販売につなげる動画コマース「TIG commerce(ティグコマース)」
ページ上部へ戻る