• このエントリーをはてなブックマークに追加

バリスタはロボット!?渋谷モディに出現した「変なカフェ」が話題

 エイチ・アイ・エス(以下:H.I.S.)は2月1日、ロボットがコーヒーの販売・提供を行う「変なカフェ」を渋谷モディの地下1階H.I.S.渋谷本店内にオープンすると発表しました。

 H.I.S.グループが展開するテーマパーク事業の「ハウステンボス」をはじめ、「変なホテル」で培ったロボットのノウハウを活かし、旅行の窓口である店舗と親和性の高いカフェを運営。旅行にはイベント的な要素があると考えているそうで、旅の計画をワクワクしながら立てる時、おいしいコーヒーをよりリーズナブルに楽しめる、エンターテインメント性を提供できるカフェを目指していくとしています。

 「変なカフェ」では、協働ロボットが本格ドリップコーヒーを提供します。ロボットを導入することで、人による少しのサポートで、カフェの運営が可能となります。提供メニューは7種類、一杯あたりを提供するのに必要な時間は、本格ドリップコーヒーが約3~4分、それ以外のメニューで約2~3分。

ロボットにも豆にもこだわっている「変なカフェ」

 使用するロボットは、米国Rethink Robotics社が開発・生産する、単腕型・高性能協働ロボット「Sawyer(ソーヤー)」と、同時に複数杯のドリップコーヒーを淹れられるバリスタマシンの「Poursteady(ポアステディ)」の2台で、使用するコーヒーの豆は、パートナーズコーヒーという生産者の顔が見える農園指定のコーヒー豆のみを使用し、こだわりを見せています。

 人件費の削減はもちろんのこと、「変なカフェ」の名の通り、ロボットによるコーヒー提供はユーザーの関心を引くものになりそうです。ハウステンボスでロボットが案内をする「変なホテル」は大きな話題となりました。カフェでもロボットは人を喜ばせることができるのか。注目が集まっています。

参考:H.I.S./渋谷にロボットがコーヒーを販売・提供する「変なカフェ」
https://www.ryutsuu.biz/store/k013019.html

PR:売上に貢献する大規模対応多機能タブレットPOSレジシステム「OrangeOperation」

POSをはじめとして翻訳接客、店頭店内サイネージ、在庫や顧客データの統合DBなどありとあらゆる業種のサービスをカバー。ネイティブアプリの次世代プラットフォームで小売革命を!

記事に関連するサービス
  • ORANGE POS
  • デジベル
ORANGE POS構築事例

S-cubism ニュースレター登録

お役立ち資料ダウンロード
軽減税率対策5つのチェックリスト
店舗運営に役立つ流通用語集
体験させて購買に結びつける「売れる」デジタルプロモーション x Commerce(クロスコマース)
MA・DMPツール 導入/運用支援
ページ上部へ戻る