• このエントリーをはてなブックマークに追加

ヤフーがイオンモールで、ドリンク無料の自販機アプリキャンペーンを実施

 2018年2月5日~3月5日の1ヶ月間「ヤフー」「イオンディライト」「ブイシンク」は、首都圏5店舗のイオンモールとイオンスタイル店舗内において、アプリと連携した自動販売機の実証実験を目的としたキャンペーンを実施します。

 キャンペーンは、期間中に「Yahoo! JAPAN」アプリからキャンペーンサイトにアクセスしてQRコードを発行し、対象の自動販売機(ヤフー自販機)にQRコードをかざすとドリンクが無料でもらえる、というものです。

 今回の実証実験を通してヤフーは、アプリを経由して自動販売機を利用するプロセスを検証し、Yahoo! JAPANの提供するさまざまなアプリからの誘導など、自動販売機を起点としたビジネス展開を検討するとしています。

アプリからの顧客動向データを自社ビジネスへ活用

 今回の実証実験では、ヤフーとブイシンクが共同開発した機能を、イオンディライトが運営するデジタルサイネージ型自動販売機で使用します。

 ポイントとなるアプリへの誘導を、オンラインでは、

  • Yahoo! JAPANの広告

を使用して集客。オフラインでは、

  • チラシ配布
  • ポスター掲示
  • 自動販売機のサイネージ

使用することで集客を図っています。

 アプリを用いて自動販売機を体験利用してもらい、一連のオペレーションフローを検証することで、さらなるビジネス展開へつなげることが可能です。

<キャンペーンへの参加方法>

  1. スマホでQRコードを読み取る or スマホで「ヤフー自販機」と検索する
  2. キャンペーンサイトで「参加する」ボタンを押して、チケットを取得する
  3. 自動販売機のカメラにチケットをかざす
  4. ドリンクが1本無料でもらえる

 キャンペーンに参加するには「Yahoo! JAPAN」アプリダウンロードの上、アプリからキャンペーンサイトにアクセスすることが必要です。

キャンペーンホームページ

 自動販売機と連動させるアプリは2016年、コカ・コーラ社が開発した「コークオン」が有名ですが、今回の実験は飲料そのものの売上を伸ばすことが目的ではなく、顧客動向データを自社商品・サービスの売上につなげようとする試みといえます。

参考:ヤフー/イオンモールでアプリと連携した自販機実験、ドリンク無償提供
https://www.ryutsuu.biz/it/k020527.html

PR:売上に貢献する大規模対応多機能タブレットPOSレジシステム「OrangeOperation」

POSをはじめとして翻訳接客、店頭店内サイネージ、在庫や顧客データの統合DBなどありとあらゆる業種のサービスをカバー。ネイティブアプリの次世代プラットフォームで小売革命を!

アーカイブ

ページ上部へ戻る