2/22(金)無料セミナー開催 2/22(金)無料セミナー開催
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

効率的なビジネスにはiPhone利用が不可欠

おしゃれなスマートフォンとして人気の高いiPhoneは、日本国内で異様な人気を誇ります。世界的に見てみるとAndroid端末が圧倒的シェアを誇る中で、日本だけiOSのシェアが圧倒的に高いです。
日本人にとってiPhoneをビジネスでも上手に使いこなすことは生活のグレードを上げるためにも押さえておきたい点です。特に今はスマートフォンアプリ市場が発達したおかげで、iPhoneが1つあればビジネスで重要なスケジュール管理からデータ収集、メール送信まで何でもできます。

使い方によってiPhoneはビジネスを効率よく行うためにも十分活用できます。iPhoneとともに仕事ができるビジネスマンを目指しましょう。

  • NewsPicksやITmediaで情報を収集すべき。ITリテラシー向上のためにIT企業以外のビジネスマンもIT系情報の感度を高めた方が良い。
  • iPhoneアプリでスケジュール管理も行える。ジョルテはグーグルカレンダーと連携可。
  • 外部機器やパソコンソフトと連携すれば、iPhoneでもサクサク仕事ができる
  • スマートフォンからの情報流出は注意すべき
  • iPhoneの中ではSEがビジネス用機種としてオススメ

ビジネスマンの情報収集はiPhoneアプリで取得

まずビジネスマンの一日のスタートはiPhoneでの情報収集から始まります。今までは新聞やビジネス雑誌から情報を得ていたものでも、今はスマートフォンアプリがあります。紙媒体と異なり、スマートフォンアプリは情報量が豊富ですし、なおかつ無料だったり、有料でも月額数百円で済むほど安価で利用できたりします。
iPhone1つで利用できるため持ち運びも苦労しません。情報収集用のおすすめアプリは以下です。

NewsPicks

会員数150万人を誇る経済ニュースアプリです。国内外90以上のメディアから経済ニュースを配信しているため特定メディアの傾向に偏らずにニュースを多面的にとらえられます。

NewsPicks
https://itunes.apple.com/jp/app/newspicks/id640956497?mt=8

ITmedia

IT企業に勤めていなくてもITリテラシーの向上は今やビジネス成功の必須条件です。IT企業のビジネスマンは専門技術のトレンド等を抑える必要がありますが、それ以外の方でもエクセルやパワーポイントの技術力向上は資料作成の時間を大幅に短縮させます。このアプリはインターフェースが見やすく、無料でIT全般情報を取得できますので、とても使い勝手の良いIT系アプリです。分野ごとにカテゴリー分けされているため関連立てツリーだけ読む、などフレキシブルな使い方が可能です。

ITmedia for iPhone/iPad
https://itunes.apple.com/jp/app/itmedia-for-iphone-ipad/id296841049?mt=8

スケジュール管理もアプリで

できるビジネスマンはiPhoneを駆使し1分1秒を無駄にしません。スケジュールは分刻みでこなします。そして分刻みでスケジュールをこなすためには上手なスケジュール管理が必要不可欠です。昔のビジネスマンは手帳でスケジュール管理していましたが、今ではiPhoneアプリで管理ができます。

lifebear

スケジュール管理アプリのlifebearは見やすくて機能も充実しています。プロジェクトごとにスケジュールを管理したり、メモ機能やTODOリスト作成機能があったりとビジネスでのiPhone活用がしやすいスケジュール管理アプリです。

Lifebear カレンダーとToDoと日記の人気手帳
https://itunes.apple.com/jp/app/lifebear-%E3%82%AB%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC%E3%81%A8todo%E3%81%A8%E6%97%A5%E8%A8%98%E3%81%AE%E4%BA%BA%E6%B0%97%E6%89%8B%E5%B8%B3/id538340426?mt=8

ジョルテ

ジョルテの特徴はなんといってもグーグルカレンダーと同期ができる点です。グーグルカレンダーでスケジュール管理をする企業は意外と多いため、グーグルカレンダーに入力した仕事スケジュールをジョルテで同期すればスケジュール管理が楽になります。スケジュールは一つにまとめることが、できるビジネスマンには必須です。

ジョルテ カレンダー&システム手帳
https://itunes.apple.com/jp/app/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%AB%E3%83%86-%E3%82%AB%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC-%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0%E6%89%8B%E5%B8%B3/id570556349?mt=8

スケジュール管理ができるiPhoneアプリでスマートなビジネスを行いましょう。

連携でムダな時間を排除

iPhoneと他の電子機器を連携すれば、ビジネスにおけるiPhoneの役割はグッと広がります。

office連携で効率的な編集

パソコン端末で利用しているマイクロソフト社のofficeとiPhoneアプリのoffice mobileを使えば、officeをそれぞれの端末から編集できるようになるため効率的なoffice運用ができます。one driveと呼ばれるマイクロソフト社提供のオンラインストレージサービスにone driveにofficeを保存すればいつでも、どの端末からでも編集できるようになります。これで24時間いつでも資料修正が可能になります。

テザリングでパソコンと連携

パソコンを外出先で使いたくてもインターネット接続がないときはiPhoneが一役買ってくれます。iPhoneのインターネット共有設定でデザリングすることで、iPhoneがルーター代わりとなり、パソコンがインターネット接続できるようになります。

キーボードと連携してタブレットのように

iPhoneに限らずですが、スマートフォンの画面上に浮かび上がってくるキーボードは見づらく、打ちにくいため、メール作成などには活用できないといった声もちらほら聞かれます。たしかにスマートフォンで長文メールは打ちづらいですが、見にくいのなら、無線でつなぐキーボードがおすすめです。iPhoneとキーボードをつなげばスマートフォンのメール作成も外部キーボートで簡単にできます。

情報流出に注意すべき

紹介してきたようにiPhoneを有効活用すればビジネスにも大いに役立ってくれます。iPhone自らが業務を行う端末にもなりますし、ルーター代わりになって他の端末のサポートをしてくれたりもします。しかしながら一方で気を付けておきたいポイントもあります。

重要書類は保存しない

重要な書類はiPhoneにはあまり保存しない方が良いです。iPhoneというか、スマートフォンにあまり保存しない方が良いです。パソコンは様々なセキュリティソフトが充実していますが、スマートフォンはまだまだです。プライベート用として使用するiPhoneであればなおさらセキュリティ管理の意識が低くなります。最悪、プライベート用の画像や資料がハッキングされて流出したとしてもそれは本人が困るだけですが、ビジネス用のデータが流出してしまうと取引先にも多大な迷惑がかかる可能性があります。セキュリティ管理の甘さを指摘されて今後の取引にも影響が出るかもしれません。ハッキングされてしまう状況を考えて、重要書類はiPhoneに保存時内容にしてください。

ビジネス用iPhoneとして利用する

ビジネス用で使うiPhoneはビジネス用として、プライベート用で使うiPhoneはプライベート用として使うのがベストです。つまり2個持ちが理想です。混同して使うと、仕事相手に対して言葉使いを間違えてしまうなど、意識の切り替えができません。それぞれの目的でiPhoneを使用する方がベストです。

iPhoneカバーにこだわる

iPhoneをビジネス用として最大限使うなら、アクセサリーにもこだわってください。特に重要なものがiPhoneカバーカバーです。そしてiPhoneカバーカバーは名刺を入れられるiPhoneカバーカバーがおすすめです。
ビジネスマンに必要不可欠なツールとして名刺があります。基本的に名刺は毎日持ち合わせているのがビジネスマンの常識ですが、時々名刺を忘れてお客様先に伺ってしまう場合があります。お客様の名刺はいただけても、先方に自社の情報が渡らなければ、次のビジネス展開が遅れてしまうかもしれません。
このような事態を防ぐために、あらかじめ自身の名刺を2~3枚スマートフォンカバーに忍ばせておきましょう。さすがに名刺ケースとスマートフォンを同時に忘れることはないと思います。これで名刺ケースを忘れた場合でも、とりあえずの対応はできます。

機種はSEがおすすめ

iPhoneは時代を経て様々なモデルが誕生していますが、ビジネスマンに一番のオススメはiPhoneSEです。機能はどれも大きく変わりませんが、SEはビジネスマンにうってつけです。なぜならこのSEサイズはシャツのポケットに入るからです。ビジネスマンとしてiPhoneを使う以上は常にカバンに入れておくのではなく、常に肌身離さず持っておく必要があります。メールが来れば、さっと返信して、次のスケジュールはiPhoneで確認して。iPhoneSEは良いビジネスパートナーとなります。他の機種だとサイズが大きくなってしまい、スーツやシャツのポケットに入れてもはみ出してしまうので、仕方なくカバンに入れるしかありませんが、これでは上手にビジネス活用ができません。iPhoneSEがビジネス用では最高のiPhoneモデルです。

エスキュービズムニュースレター!
記事に関連するサービス
  • Orange Operation
  • デジベル
Orange Operation 構築事例
店舗のミライ塾
軽減税率対策5つのチェックリスト
デジタルマーケティングの 事例、ノウハウ情報メディア [デジmag]
オンライン、オフラインをまたがり、技術を掛け合わせ、新たなマーケティング領域へ
貴社のオムニチャネル化は完了していますか?その答えをエスキュービズムが持っています。激動の小売業界で生き抜くための真のオムニチャネル化を実現します。
店舗運営に役立つ流通用語集
お役立ち資料ダウンロード
ページ上部へ戻る