• このエントリーをはてなブックマークに追加

チェーンオペレーションとは?その意味、具体例を徹底解説

多店舗展開に興味がある。でも、どんな方法があるんだろう…

と考えているかたにおすすめの記事です。

チェーンオペレーションという言葉を聞いたことはありますか?

多店舗展開を成功に導くうえで、これから紹介するチェーンオペレーションは、知っておきたい考え方の一つですね。

マニュアル・研修制度などによって短期間で店舗を増やし、仕入れなどのコストを減らすのが、チェーンオペレーションの特徴です。

まずは、この記事で大まかな概要から理解していきましょう!

チェーンオペレーションとは

チェーンオペレーションとは、本店を軸に支店(チェーン店)を出店していく、多店舗展開のための経営手法です。

  • 本部:チェーン全体の商品仕入れ・販売戦略など
  • 各店舗:販売・営業のみ

という分業で、多店舗での経営をスムーズにします。

仕組みのことを含めて、チェーンオペレーションシステムと呼ばれることも多い手法です。

チェーンオペレーションの主な形態3つ

チェーンオペレーションは、その形態によって

  1. レギュラーチェーン
  2. フランチャイズチェーン
  3. ボランタリーチェーン

の3つに分類できます。

ここからは、チェーンオペレーションの形態について、それぞれ詳しく説明していきます。

1. レギュラーチェーン

スーパーや専門店で用いられることが多い、レギュラーチェーン。

これは、一つの企業がそれぞれの地域で直営店をたくさん出店し、直営店の経営を本部が管理・運営する形態です。

  • 仕入れ
  • 在庫管理
  • 広告

など、店舗運営に必要なことは本部が一括して行うため、規模の経済性が働き、費用の削減につながります。

2. フランチャイズチェーン

コンビニ・飲食店で行われることが多いのは、フランチャイズチェーンですね。

商品・営業方法をもつ企業(フランチャイザー)が、独占販売の権利を持つ加盟店(フランチャイジー)を募集する形態です。

レギュラーチェーンとの大きな違いは、

  • 加盟店の開業費はオーナーが支払い、本部とは資本的に独立している
  • 本部は加盟店に対して、商品の販売権・経営の指導を行う
  • 本部に対して加盟店は、契約料・ロイヤリティを支払う

という3点です。

  1. 本部は多額の資本を投下することなく、短期間で市場を拡大できる
  2. 加盟店は有名企業のブランドを使用できる
  3. 加盟店は、本部から経営の指導も受けられる

このように、本部と加盟店の双方でメリットが発生することから、現在フランチャイズ形式をとる企業は急速に増加しています。

3. ボランタリーチェーン

ボランタリーチェーンは、

  • 本部の指導が加盟店に入る
  • 加盟店の資本は本部から独立している

という点では、フランチャイズチェーンの共通している形態です。

しかし、

  1. 加盟店が組織を作っている
  2. 加盟店同士が横のつながりを持っている

という2点は、フランチャイズチェーンと大きく違っています。

ボランタリーチェーンの利点として、

  • 仕入れ・設備投資コストが低減される
  • 地域のニーズを汲んだ店舗運営をしやすい

というものがあります。

レギュラーチェーンのように規模の経済性を働かせることができ、かつ店舗それぞれが独自の戦略を練って、地域に根ざした経営を行うことが可能です。

以上をまとめると、チェーンオペレーションには

  1. レギュラーチェーン
  2. フランチャイズチェーン
  3. ボランタリーチェーン

の3つがあり、

【レギュラーチェーン】
* 一つの企業が本部として、それぞれの地域で直営店をたくさん出す。
* 直営店の経営は、本部が管理・運営する。
* 規模の経済性が働き、仕入れ・在庫・広告などの面で費用を削減できる。

【フランチャイズチェーン】
* 加盟店の開業費はオーナーが支払い、本部とは資本的に独立。
* 本部:コスト・資本など、金銭的なメリットがある。
* 加盟店:ブランドのパワー・経営指導など、経営でのメリットがある。

【ボランタリーチェーン】
* 加盟店が組織をつくり、横のつながりを形成。
* チェーン全体の仕入れ・設備投資コストが低減。
* 地域のニーズを汲んだ店舗運営をしやすい。

という、それぞれの特徴がありました。

チェーンオペレーションの「3つの原則(3S)」とは?

チェーンオペレーションを実際に店舗のシステムとするためには、

  1. 標準化(Standardization)
  2. 単純化(Simplification)
  3. 専門化(Specialization)

という3つの原則が重要です。

それぞれの頭文字をとって「3S(スリーエス)」と言われることもあります。

ここからは、チェーンオペレーションで店舗の管理を効率化するために重要な、3Sについて知っていきましょう!

1. 標準化(Standardization)

チェーンオペレーションにおいて、どの店舗でも同じ結果が出やすいように、共通点のある作業を統一することが「標準化」です。

これにより、商品の生産から販売までを一定のサイクルにできます。

2. 単純化(Simplification)

単純化とは、作業を簡潔にして、「だれでも・無理なく・一度で」作業内容を理解できるようにすることです。

全体で見ると複雑な作業でも、簡単な作業単位にすることで、コストを削減。また、従業員の教育コストもかかりません。

3. 専門化(Specialization)

最後が「専門化」です。これは、商品知識をつけて、顧客の目的に応じた提案ができることを指します。

企業の特色が出る大切な要素なので、しっかりと取り組みたい部分ですね。

企業のチェーンオペレーションを成功させるためには

多店舗展開で重要な、チェーンオペレーションについて紹介しました。

本店を軸に支店(チェーン店)を出店して、

  • 本部:チェーン全体の商品仕入れ・販売戦略など
  • 各店舗:販売・営業のみ

というように、役割を分担するのがチェーンオペレーションでしたよね。

そしてチェーンオペレーションは、その形態によって

  1. レギュラーチェーン
  2. フランチャイズチェーン
  3. ボランタリーチェーン

の3つに分類できます。

それぞれの特徴を大まかにまとめると、

【レギュラーチェーン】
* 一つの企業が本部として、それぞれの地域で直営店をたくさん出す。
* 直営店の経営は、本部が管理・運営する。
* 規模の経済性が働き、仕入れ・在庫・広告などの面で費用を削減できる。

【フランチャイズチェーン】
* 加盟店の開業費はオーナーが支払い、本部とは資本的に独立。
* 本部:コスト・資本など、金銭的なメリットがある。
* 加盟店:ブランドのパワー・経営指導など、経営でのメリットがある。

【ボランタリーチェーン】
* 加盟店が組織をつくり、横のつながりを形成。
* チェーン全体の仕入れ・設備投資コストが低減。
* 地域のニーズを汲んだ店舗運営をしやすい。

というものでしたね。

さらに、チェーンオペレーションを成功させるためには、

  1. 標準化(Standardization):共通点のある作業を統一し、どの店舗も同じ結果を出せるようにする
  2. 単純化(Simplification):作業を簡潔にして、「だれでも・無理なく・一度で」作業内容を理解できるようにする
  3. 専門化(Specialization):商品知識をつけて、顧客の目的に応じた提案をできるようにする

という「3S」が大切だということを説明しました。

チェーンオペレーションについて知識を身に着けて、多店舗展開を成功させていきましょう!

この記事を書いた人
黒田剛司

大阪市立大学商学部を卒業後、新卒で独立。学生時代に身につけた経営・流通・マーケティングなどの知識を活かし、コマースについて幅広いジャンルで執筆。また、サイト制作やWebメディア運営も請け負っており、IT系の記事作成も可能。無類の動物好き。

記事に関連するサービス
  • ORANGE POS
  • デジベル
ORANGE POS構築事例

S-cubism ニュースレター登録

お役立ち資料ダウンロード
軽減税率対策5つのチェックリスト
店舗運営に役立つ流通用語集
体験させて購買に結びつける「売れる」デジタルプロモーション x Commerce(クロスコマース)
店舗スタッフの動画投稿から販売につなげる動画コマース「TIG commerce(ティグコマース)」
ページ上部へ戻る