• このエントリーをはてなブックマークに追加

【2018年版】おすすめのクレジットカードリーダーを徹底比較。使い方や価格ごとに紹介します

「クレジットカードリーダーってどれを使えばいいの?」

と思っている方。

クレジットカードリーダーは店舗での決済を楽にすることができ、結果としてオペレーションの効率アップにつながります。

とはいえ、数あるクレジットカードリーダーの機能や価格から、どれが自社に合っているかを考えるのは難しいですよね。

そこでこの記事では、

  • スマホやタブレットで使えるクレジットカードリーダー6選
  • ICカードや電子マネーもOKなクレジットカードリーダー3選
  • クレジットカードリーダーの価格別ランキングベスト3

の順にお伝えします。

難しく思えるクレジットカードリーダー選びも、見るべきポイントは意外と多くありません。

ポイントを押さえて、目的に合ったクレジットカードリーダーを選びましょう!

スマホやタブレットで使えるクレジットカードリーダー6選

まずは、スマホやタブレットで使えるクレジットカードリーダーを6種類ご紹介します。

  1. Square
  2. Coiney
  3. フレッツスマートペイ
  4. スマレジペイメント
  5. 食べログペイ
  6. Anywhere

それぞれ詳しい情報をお伝えしますね。

1. 最短で翌営業日の入金が可能な「Square」

通常のクレジット決済といえば、入金までに時間がかかるイメージがあるかもしれません。「Square」なら最短で翌営業日の入金が可能ですので、現金と近い感覚で扱うことができます。

決済に使うのはSquareリーダーという小型の端末で、スマートフォンやタブレットにアプリを入れてすぐに使うことが可能です。

取り扱いカード
  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • AmericanExpress
  • Diners
  • Discover
電子マネー、モバイル決済などの対応状況

電子マネー系の決済はできません。メールで請求書を送信し、オンラインでクレジットカード決済ができるインボイス機能(手数料3.25%~)が使えます。

手数料・月額料金
  • 利用手数料:3.25%
  • 振込手数料:無料
  • 月額料金:無料
こんな店舗におすすめ
  • 入金はできるだけ早いほうがいい店舗
  • 手数料が気になって今まで導入できなかった店舗

https://squareup.com/jp

2. 誰でも手軽にカンタンに使える「Coiney」

Coiney」は、誰でも手軽に使えるクレジットカードリーダーです。Coineyリーダーはスマートフォンやタブレットにセットするだけで、カード決済が利用できます。申込も約3分で完了する手軽さで、最短2営業日から利用が可能です。

取り扱いカード
  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • AmericanExpress
  • Diners
  • Discover
電子マネー、モバイル決済などの対応状況
  • 電子マネー:2018年夏以降に対応予定
  • モバイル決済:WeChatPay
手数料・月額料金
  • 利用手数料:3.24%
  • 振込手数料:10万円未満は200円、10万円以上は無料
  • 月額料金:無料
こんな店舗におすすめ
  • 大がかりな機器は置きたくない店舗
  • 少額の引き出しは行わない店舗

https://coiney.com/

3. フレッツ光を使っている店舗におすすめ「フレッツスマートペイ」

フレッツスマートペイ」は、NTT西日本が提供するクレジットカードリーダー決済です。フレッツ光をはじめとするサービスの利用者であれば、スマートフォンやタブレットをからすぐに決済サービスを導入できます。

取り扱いカード
  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • AmericanExpress
  • Diners
  • Discover
  • UnionPay(銀聯)
電子マネー、モバイル決済などの対応状況

2018年4月現在は非対応です。

手数料・月額料金
  • 利用手数料:3.24%
  • 振込手数料:180円
  • 月額料金:無料
こんな店舗におすすめ
  • フレッツ光を利用している店舗
  • UnionPay(銀聯)にも対応したい店舗

https://www.ntt-west.co.jp/smart-pay/

4. さまざまな分割払いに対応「スマレジペイメント」

スマレジペイメント」は2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払いなど、さまざまな分割払いに対応しています。分割払いへの対応が欠かせないほど、高額な商品を扱う店舗におすすめです。

取り扱いカード
  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • AmericanExpress
  • Diners
  • Discover
電子マネー、モバイル決済などの対応状況

2018年4月現在は非対応です。

手数料・月額料金
  • 利用手数料:3.24%
  • 振込手数料:無料
  • 月額料金:無料
こんな店舗におすすめ
  • 高額商品を販売している店舗

https://smaregi.jp/payment/

5. 飲食店におすすめ「食べログペイ」

食べログペイ」は、カカクコムが運営しているグルメサイト「食べログ」と連携した、飲食店におすすめのクレジットカードリーダーです。使用は飲食店に限られますが、初期コストや決済手数料を安くおさえることができ、最短で翌営業日に入金できるなどのメリットがあります。

取り扱いカード
  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • AmericanExpress
  • Diners
  • Discover
電子マネー、モバイル決済などの対応状況

2018年4月現在は非対応です。

手数料・月額料金
  • 利用手数料:3.24%
  • 振込手数料:10万円未満は200円、10万円以上は無料
  • 月額料金:無料
こんな店舗におすすめ
  • カードリーダー導入時の初期コストをおさえたい飲食店

https://tabelog.com/tabelogpay/

6. 中国観光客への対応もOK「Anywhere」

Anywhere」は、中国で広く使われているUnionPay(銀聯)にも対応しているクレジットカードリーダーです。中国観光客に対応したい場合は検討の対象に入れると良いですが、困る点は利用手数料がやや高いところです。

取り扱いカード
  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • AmericanExpress
  • Diners
  • Discover
  • UnionPay(銀聯)
電子マネー、モバイル決済などの対応状況

2018年4月現在は非対応です。

手数料・月額料金
  • 利用手数料:3.48% + 決済処理料10円/1件
  • 振込手数料:400円
  • 月額料金:無料
こんな店舗におすすめ
  • 中国からの観光客に対応したい店舗

https://www.linkprocessing.co.jp/anywhere/

ICカードや電子マネーもOKなクレジットカードリーダー3選

ここでは、ICカードや電子マネーも使うことができる、3つのクレジットカードリーダーをご紹介します。

  1. 楽天ペイ
  2. AirPAY
  3. アナザーレーン

以下で1つずつ、詳しくお伝えします。

1. 決済方法のバリエーションが豊富「楽天ペイ」

楽天ペイ」は、ネットショッピングモール大手「楽天市場」を運営する、楽天株式会社のクレジットカードリーダー決済です。手持ちのスマートフォンまたはタブレットに端末をセットすると、決済や履歴をいつでも確認できます。楽天銀行に口座を持っている場合には、土日や祝日を問わず翌日には入金できるのも大きなメリットです。

取り扱いカード
  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • AmericanExpress
  • Diners
  • Discover
電子マネー、モバイル決済の対応状況
  • 電子マネー:楽天Edy、Android Pay、Kitaca、Suica、PASMO、TOICA、manaca、ICOCA、SUGOCA、nimoca、はやかけん、nanaco
  • モバイル決済:iD、QUICPay、Apple Pay
  • ポイント決済:楽天スーパーポイント
手数料・月額料金
  • 利用手数料:3.24%
  • 振込手数料:210円(振込先が楽天銀行の場合は無料)
  • 月額料金:無料
こんな店舗におすすめ
  • とにかく幅広い決済に対応したい店舗
  • すでに楽天銀行を使っている店舗

https://smartpay.rakuten.co.jp/

2. 振込手数料が無料「AirPAY」

AirPAY」は、人材サービスを提供するリクルートが運営するクレジットカードリーダー決済です。月額使用料、振込手数料が無料で、電子マネーにも対応しています。

取り扱いカード
  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • AmericanExpress
  • Diners
  • Discover
電子マネー、モバイル決済の対応状況
  • 電子マネー:Kitaca、Suica、PASMO、TOICA、manaca、ICOCA、SUGOCA、nimoca、はやかけん
  • モバイル決済:iD、QUICPay、Apple Pay
手数料・月額料金
  • 利用手数料:3.24%
  • 振込手数料:無料
  • 月額料金:無料
こんな店舗におすすめ
  • とにかく安く使いたい店舗
  • 幅広い決済に対応したい店舗

3. 使いたい時だけ契約できる「アナザーレーン」

アナザーレーン」は、利用したい時期だけ電話1本で利用を開始することができ、契約していない期間のコストは一切かかりません。使用するリーダーはApple社製で、デザインがスタイリッシュかつコンパクトです。

取り扱いカード
  • VISA
  • MasterCard

※その他のカードは審査によります。

電子マネー、モバイル決済の対応状況
  • 電子マネー:楽天Edy、BitCash、bitcoin、G-MONEY、manaca、セキュリティーマネー、KAZAPi、WAON、nanaco、iD、Suica
  • モバイル決済:WeChatPay
手数料・月額料金

※問い合わせ、見積もりによります。

こんな店舗におすすめ
  • 短期間でも利用できるクレジットカードリーダーを探している店舗
  • リーダーのデザインにこだわりたい店舗

https://www.alij.ne.jp/

クレジットカードリーダーの価格別ランキングベスト3

紹介したクレジットカードリーダーの中から、1ヶ月にかかる料金が安い順にランキングでお伝えします。選ばれたカードリーダーは、料金で迷っている方も手軽に導入でき、店舗の効率アップにつながるものばかりです!

  1. AirPAY
  2. スマレジペイメント
  3. Coiney

1位は「AirPAY」です。利用手数料が最安の3.24%で、振込手数料・月額料金ともに無料ですので、安く利用し続けることができます。2位の「スマレジペイメント」もAirPAYと同じランニングコストですが、電子マネーまで対応しているAirPAYの方がお得です。

クレジットカードリーダーを導入して、店舗の効率アップへ!

ここまで、クレジットカードリーダーの使い方と価格、価格別ランキングをお伝えしました。

クレジットカードリーダーには、機種ごとに特徴が違うことがお分かりいただけたかと思います。

価格から選ぶのも大切ですが、まずは店舗でどのようにクレジットカードリーダーを使うのか、シミュレーションすることからはじめましょう!

エスキュービズムニュースレター!
記事に関連するサービス
  • Orange Operation
  • ねがブロ
Orange Operation 構築事例
店舗のミライ塾
オンライン、オフラインをまたがり、技術を掛け合わせ、新たなマーケティング領域へ
店舗運営に役立つ流通用語集
お役立ち資料ダウンロード
ページ上部へ戻る