最先端の買い物体験MISE-demo 最先端の買い物体験MISE-demo
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

店舗運営に貢献するタブレットPOSレジシステムの効果と比較

会計や毎日のお金の管理には欠かせないレジですが、POSシステムの普及によりその利便性はさらに向上しました。

つり銭の計算が自動で行われたり、日々の売り上げは自動的に記録され、システムによっては売り上げ分析を算出できるものもあるなど、店舗経営者にとって多くのメリットをもたらしてくれます。

しかしながら、POSシステムの搭載されたレジは高価であったり、コンピュータが搭載されているぶん必要以上にスペースを取ってしまうなど、様々な弊害が場合によっては目立ってしまう場合もあります。

特に効率が重視される中小規模の店舗であれば、POSシステムを導入したいけど、そういったデメリットが気になって導入に踏み込めないというケースも問題として想定されます。

そこで活用したいのがタブレットPOSレジの存在です。

大きなハードウェアごとPOSシステムを購入するのではなく、すでに自分で持っている、あるいは店舗用に導入できるタブレットやスマートフォンにPOSシステムをインストールすることで、そのままレジとして活用するという仕組みです。

欧米を中心とした海外ではすでに多くの導入例があるタブレットPOSレジですが、日本でも飲食店や小売店で導入が進んでいます。

タブレットPOSレジや店舗運営システムの導入事例はこちら

今回はそんなタブレットPOSレジシステムの概要と、数あるPOSシステムからいくつかピックアップしたものを紹介していきます。

  • 個人店舗でも導入できるタブレットPOS
  • 導入も驚くほど簡単
  • コストパフォーマンスは非常に高い

タブレットPOSレジとは

タブレットPOSシステムは、従来のPOSシステムをさらに使いやすいようスマートに改良された次世代のレジシステムです。

中小規模の店舗には適切でなかった従来のPOSシステム

大型の筐体を必要としてきたPOSレジですが、その最大のメリットはやはり商品情報や売り上げ予測などをリアルタイムに算出し、すぐにその情報を管理者が確認できるというシステムです。

この利点は特に大型店舗や複数店舗を持つ大企業んp注目を集め、スーパーマーケットやコンビニエンスストアなど、毎日あらゆる場所でたくさんの利用者がいる小売店舗では絶大な効果を発揮しました。

しかしながら現在コンビニなどで見られるPOSレジは見ても分かる通りコンピューターと一体型のモデルが一般的であるため、ハードの購入費用が高価で、大量導入して採算が合うような多売の商売でなければ大きなメリットは得られず、むしろデメリットが目立つという状況が続いていました。

POSレジとの違い

そこで登場したのがタブレットに対応したPOSシステムです。POSシステム内で行われている作業は通常のPCなどでも十分に対応可能な処理であるため、一定のスペックさえ整っていれば身近なコンピューターで性能上の問題はクリアできます。

まして今日ではiPhoneやiPadなど、優れたコンピューターを誰でも持っているような時代となっています。スマートフォンやタブレットは比較的安価でありながら小さく優秀なハードウェアであるため、業務用コンピューターとしても大いに役立ちます。

誰でも持っている高性能コンピューターを生かすためにタブレットPOSシステムは誕生しました。タブレットPOSシステムはクラウドベースで動作し、POSシステムを通じて集積された情報は自社サーバーではなく、サービスを提供するプロバイダーの管轄にあるサーバーで管理されるのが基本です。

そのため、集めた情報を管理しておくための維持コストがかからないのもタブレットPOSの特徴です。

個人店舗で大活躍

手軽にPOSシステムを導入できるようになったことで、特に中小規模の店舗、個人店舗に大きな恩恵を与えることになりました。

導入もソフトをタブレットにインストールし、プロバイダーから安価、あるいは無料で提供されているクレジットカードリーダーを接続するだけという簡単設定なので、機械に詳しくない人でもPOSシステムを利用することができます。

使用するタブレットはプライベートのものでも、店舗専用に購入しても構いません。特別な操作を覚える必要もないため、手軽に導入することが可能です。

タブレットPOSレジのメリット

タブレットPOSレジは、システムをスマート化させることで多くのメリットを生み出しています。

低コストでの運用を実現

上でも少し述べましたが、タブレットPOSレジはハードウェア費用がタブレット購入で済ませることができるため、従来のPOSレジの購入費用に比べ大きくコストダウンさせることに成功しています。

またタブレットPOSシステムのソフトウェア利用料もリーズナブルで、決済から数%を利用料とするメーカーも存在するので、売り上げが伸びにくい開店当初や閑散期のダメージを小さくすることができます。

軽量・省スペースで出張も簡単

タブレットをレジにすると小さな店舗でもスペースを必要とせず、内装の見栄えにも影響を与えにくいので悪目立ちしてしまう心配もありません。

また、何かのイベントの際に屋台形式で出典するなどの出張の際にも、普段店で使っているレジをそのまま屋外に持ち出すことができるため、そういったイレギュラーな場面でも大きな活躍が期待できます。

扱いが簡単

タブレットPOSレジは普段からスマートフォンやタブレットを愛用している人であれば、非常に扱いはシンプルなものとなるでしょう。POSシステムとはいえスマートフォンのアプリケーションの1つであるため、いつも通りガイドに応じで画面にタップしながら操作するだけで会計処理を行うことができます。

また、スタッフの育成にもこのように使い勝手の良いレジは効果的です。従来のPOSレジは独特な操作感に馴染むために使い方を覚えるまでは少し時間がかかりましたが、タブレットPOSであればものの30分もあれば使い方をマスターしてしまうことも難しくないでしょう。

キャッシュレス時代に最適

会計のトレンドとして期待されているのがキャッシュレス決済です。もはや会計に現金を使わず、クレジットカードやアリペイなどのQRコード決済で済ませてしまいたいというニーズがインバウンドを中心に高まりつつあるため、現金を用意しておく必要も無くなってきています。

現金を使わなくて良いのなら、大きなレジやたくさんのつり銭を収納しておくスペースも必要ありません。外付けのリーダーとタブレットだけで決済を完結させることができれば、会計業務を格段にスマートにしていくことができるでしょう。

メーカー別タブレットPOSレジの比較

最後にいくつかのタブレットPOSシステムをピックアップしてご紹介します。ニーズに合わせたPOSシステムがないか、一度検討してみることをお勧めします。

ユビレジ

https://ubiregi.com/

タブレットPOSレジアプリの先駆者といえるのがユビレジ。無料プランから飲食店プラン、小売店プランなど業態や運営方針に合わせた料金プランが設定されています。

機能性  ★★★☆☆
操作性  ★★★☆☆
コスト  ★★★★☆
サポート ★★★☆☆

スマレジ

https://smaregi.jp/

プランによっては、タブレットPOSレジのデメリットとしてあげたサポート機能がしっかりと整っているのが特長です。ECサイトとの連携や、会員ポイントとの連携も可能な高機能アプリです。

機能性  ★★★★☆
操作性  ★★★★☆
コスト  ★★★★☆
サポート ★★★★★

Airレジ

https://airregi.jp/

無料アプリのため、導入しやすいのが特長。無料ながらも基本的なPOSレジの機能が搭載されており、外部連携も可能。使い方によっては使い勝手がよいPOSレジアプリです。

機能性  ★★★★★
操作性  ★★★☆☆
コスト  ★★★★★
サポート ★☆☆☆☆

poscube

http://pos-cube.com/

飲食店向けに特化したタブレットPOSレジアプリ。大型のチェーン店やホテルレストランから、カフェや雑貨店など運営規模に応じた提案を行っています。他社はクラウドサーバーを利用するタイプが多いですが、poscubeは店舗内にサーバーを構築するのも特徴です。

機能性  ★★★★★
操作性  ★★★★☆
コスト  ★★★☆☆
サポート ★★★★☆

Square

https://squareup.com/jp

欧米では最も人気のあるクレジットカード決済、POSシステムです。カードリーダー費用はキャッシュバックされるため実質無料で、決済手数料のみの維持コストというリーズナブルさが魅力です。

機能性  ★★★★☆
操作性  ★★★★☆
コスト  ★★★★★
サポート ★★★★☆

Orange Operation

公式サイト:https://orange-operation.jp/posrejihikaku/pos

多店舗管理・免税機能・顧客管理など、店舗運営に必要な機能が揃ったPOSレジシステム。オーダーエントリーシステムや予約システムとも連携した店舗運営システム「Orange Operation」として展開。飲食店・小売店など幅広い業種で導入されています。
また、ECサイトとの連携やデータベース統合など、小売企業のニーズに応えるカスタマイズ実績が多数あります。

機能性  ★★★★★
操作性  ★★★★☆
コスト  ★★☆☆☆
サポート ★★★★☆

まとめ

このように、用途や運営規模によって様々なタイプのタブレットPOSが提供されています。
自社にとって必要な機能はどんなものか、さらに、将来どのような事業展開を行うかによって、拡張性、カスタマイズなども重要な判断要素となってきます。

ぜひ本記事を参考に、タブレットPOSの導入について検討してみてください。

エスキュービズムニュースレター!
記事に関連するサービス
  • Orange Operation
  • ねがブロ
Orange Operation 構築事例
店舗のミライ塾
デジタルマーケティングの 事例、ノウハウ情報メディア [デジmag]
オンライン、オフラインをまたがり、技術を掛け合わせ、新たなマーケティング領域へ
貴社のオムニチャネル化は完了していますか?その答えをエスキュービズムが持っています。激動の小売業界で生き抜くための真のオムニチャネル化を実現します。
店舗運営に役立つ流通用語集
お役立ち資料ダウンロード
ページ上部へ戻る