• このエントリーをはてなブックマークに追加

JR東日本の実証実験に注目!AIコンビニが2018年に実現?Amazon GOとの違いとは

2017年11月に、JR東日本が行った「AIコンビニ」ともいえる店舗の実証実験に注目が集まっています。

店内に設置されたカメラが撮影した画像を元に、AIが顧客一人一人を認識、顧客がカゴに入れた商品を判別し、計算を行います。今回の決済手段はSuicaのみ。
5日間の実証実験期間中に、延べ2000人が利用したということです。

これは、JR東日本のベンチャー育成プログラム「JR東日本スタートアッププログラム」で最優秀賞を受賞したスタートアップ企業の「スーパーワンダーレジ」を活用したポップアップストア。

Amazon Goと違う点は、

  • Suicaを持っていれば会計ができる
  • 精算機と連動させれば現金決済も可能
  • 事前に顧客IDをシステムに紐づける必要がない

ということです。

開発を行ったサインポスト社では、早ければ2018年春に「スーパーワンダーレジ」の販売を開始するとしており、もしかしたらAmazon GOよりも早く無人コンビニが日本で誕生するかもしれません。

参考:Amazon GOよりも早く実用化へ、国内で無人レジのAIコンビニ
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/17/120600561/120700001/

記事に関連するサービス
  • ORANGE POS
  • デジベル
ORANGE POS構築事例

S-cubism ニュースレター登録

お役立ち資料ダウンロード
軽減税率対策5つのチェックリスト
店舗運営に役立つ流通用語集
体験させて購買に結びつける「売れる」デジタルプロモーション x Commerce(クロスコマース)
店舗スタッフの動画投稿から販売につなげる動画コマース「TIG commerce(ティグコマース)」
ページ上部へ戻る