• このエントリーをはてなブックマークに追加

【徹底比較10選】TV会議システムのおすすめは?違いを比較しました

「オフィスじゃなくても会議できるシステムを導入したいけど、どのメーカーがいいのかよくわからない…」

と思っている方。

TV会議システムを導入することで、従業員がオフィスにいなくても会議をすることができ、

  • 生産性がアップする
  • 多様な働き方ができ、従業員の満足度がアップする

というメリットが生まれます。

とはいえ、どのメーカーのシステムを導入すべきかは決めにくいですよね。

そこでこの記事では

  • TV会議システム会社の比較
  • 無料のWeb会議システムもおすすめ

の順で、会議システムを徹底的に比較します。

ざっくりと特徴を知るだけなら、この記事を読めば大丈夫です。

まずは、大まかにどんな会議システムがあるのかを知っていきましょう!

TV会議システム7社を徹底比較

ここからは

  1. ジャパンメディアシステム株式会社
  2. 東和エンジニアリング
  3. ポリコム
  4. RICOH
  5. SHARP
  6. V-CUBE
  7. SONY

の順に、テレビ会議システム7社を比較します。

ジャパンメディアシステム株式会社

ジャパンメディアシステム株式会社は、会議システム「Live On」を開発しています。

Live Onの特徴は

  • 高画質・高音質
  • スマートフォンやタブレットにも対応
  • 月額の完全定額制

です。ライセンスが増えるごとにお金がかかるのが特徴で、例えば「本社・支社・出張先2つ」だと4ライセンスが必要になります。

初期費用は78,000円/1ライセンス、システムの利用料は3,000円/月です。

公式サイト
https://www.liveon.ne.jp/

東和エンジニアリング

東和エンジニアリングは、国際会議などで利用される会議システムを提供している企業です。

製品によって性能は違いますが、

  • 言語を選択できる
  • 資料をモニターで閲覧できる
  • 発言者の映像を手元のモニターでチェックできる

など、大きな国際会議での使用を想定したものがメインです。1対1でのミーティングというよりは、多言語かつ大人数で行うグローバルな会議向けとなります。

公式サイト
https://www.towaeng.co.jp/

ポリコム

1990年にアメリカで創業されたポリコムは、TV会議システムの販売台数No.1を誇っています。

映像や通信の品質やセキュリティはバッチリで、老舗メーカーの安心感がありますね。導入している企業も多く、信頼できるメーカーです。

価格は数万円〜数百万円のものまで幅広く取り揃えています。

公式サイト
http://www.polycom.co.jp/

RICOH

RICOH(リコー)が提供している「Unified Communication System」は、

  • 3ステップの操作だけでビデオ会議ができる
  • クラウド上に仮想の会議室を構築する
  • 高画質かつスムーズな映像

が特徴の会議システムです。料金は1台につき

  • 本体の価格:268,000円
  • サービス利用料(年間):[専用端末]101,000円[アプリ]37,000円

がかかります。

専用の回線は必要なく、ネット回線を通じて会議することが可能です。

使い方がシンプルなので、従業員への教育コストが低いのもメリットでしょう。

公式サイト
https://www.ricoh.co.jp/ucs/

SHARP

SHARPのテレビ会議システムは、

  • 高い画質かつ、なめらかな映像
  • 大型のディスプレイ
  • システムにパソコンを接続すれば、資料を映し出すこともできる

という特徴があります。大きな画面で資料を共有しながら会議するシチュエーションが多いならば、使いたいサービスです。

クラウド型のWeb会議サービスTeleOffice(テレオフィス)は無料トライアルを実施しているので、気になるかたは試してみてください。

公式サイト
https://www.sharp-sbs.co.jp/tv_conference/

V-CUBE

総務省のテレワーク先駆者100選にも選ばれたV-CUBEは

  • Web会議システム「V-CUBE ミーティング」
  • ペーパレス会議システム「V-CUBE ドキュメント」
  • セキュリティとカスタマイズ性が魅力の「V-CUBE Gate」

など、テレワークに特化した企業ならではの多様なラインナップが揃っています。解決したい課題や予算によって柔軟にサービスを選べるのがメリットですね。

プライベートな空間で仕事ができる「TELECUBE」のようなユニークな製品もあるので、チェックしてみてください。

公式サイト
https://jp.vcube.com/

SONY

SONYのビデオ会議システムは、

  • 大きな会議室で使う「ルームタイプ」
  • 小さな会議室で使う「コンパクトタイプ」
  • オールインワンの「打ち合わせコーナー」

など、使い方に応じた製品を選べるのが特徴です。

価格も製品によってさまざまで

  • ルームタイプ:約45万円〜
  • 打ち合わせコーナー:約55万円〜

など、予算や用途に応じて選ぶことができます。

公式サイト
http://www.sony.jp/pcs/

ここまで

  1. ジャパンメディアシステム株式会社
  2. 東和エンジニアリング
  3. ポリコム
  4. RICOH
  5. SHARP
  6. V-CUBE
  7. SONY

の7つを紹介しました。

これらはどれも有料のTV会議サービスですが、中には無料のものもあります。

以下では、Web上でできる無料の会議サービスをお伝えしますね。

無料のWeb会議システムも要チェック

ここからは、無料でWeb会議ができるサービスを見ていきます。

TV会議とWeb会議の違いは、

【TV会議】

  • 専用の機器どうしで通信する
  • 会議の参加者が多め
  • 離れた会議室どうしで利用する

【Web会議】

  • ネットがあればスマホやタブレットでも通信できる
  • 1対1のことが多く、5人以下がほとんど
  • 従業員の自宅やカフェなど、さまざまな場所で利用する

で、デバイス・人数・場所などが違いますね。

以下では、

  1. Skype
  2. Googleハングアウト
  3. Appear.in

の順に無料のWeb会議サービスを見ていきましょう!

1. Skype

Skypeは、知っているかたも多いサービスかと思います。

無料かつ質の高い電話ができるので、ビジネスシーンはもちろんプライベートでも人気の高いサービスです。

パソコンはもちろん、スマートフォンやipadなどのタブレットでも使用できます。

公式サイト
https://www.skype.com/ja/new/

2. Googleハングアウト

Googleハングアウトは、Googleが提供しているWeb会議サービスです。

無料ながらチャットの参加人数は150人まで可能で、大人数のミーティングにも対応しています。

画像や動画の共有もカンタンで、無料とは思えないクオリティです。

公式サイト https://hangouts.google.com

3. Appear.in

Appear.inも無料のWeb会議サービスで、ルームを自分でつくって、そのURLを相手に送ると通話できるのが特徴です。

音声やビデオで通話するだけならばサービスへの登録は必要ないのも大きなメリット。

シンプルなサービスなので、相手がSkypeやGoogleハングアウトを使っていないときや、サッと会議したいときにはおすすめです。

公式サイト
https://appear.in/

無料のWeb会議システムとして、

  1. Skype
  2. Googleハングアウト
  3. Appear.in

の3つを紹介しました。

TV会議システムで場所にとらわれない働き方を実現

TV会議システムを比較しながら見てきました。

あらためて紹介したシステムをまとめると、

【TV会議システム】

  1. ジャパンメディアシステム株式会社
  2. 東和エンジニアリング
  3. ポリコム
  4. RICOH
  5. SHARP
  6. V-CUBE
  7. SONY

【Web会議システム】

  1. Skype
  2. Googleハングアウト
  3. Appear.in

の合計10個でした。大人数の会議であればTV会議システムのほうがよく、1対1であれば無料のWeb会議システムでも十分でしょう。

ネットワークを通じてリモートで会議ができることで、

  • 生産性アップ
  • 場所にとらわれない働き方の実現

というメリットがあります。

目的や使い方に応じたサービスを選べるので、ぜひ自社に合ったサービスを試してみてください。

まずは、自社にどんな会議システムが必要かを考えていきましょう!

この記事を書いた人
黒田剛司

大阪市立大学商学部を卒業後、新卒で独立。学生時代に身につけた経営・流通・マーケティングなどの知識を活かし、コマースについて幅広いジャンルで執筆。また、サイト制作やWebメディア運営も請け負っており、IT系の記事作成も可能。無類の動物好き。

記事に関連するサービス
  • ORANGE POS
  • デジベル
ORANGE POS構築事例

S-cubism ニュースレター登録

お役立ち資料ダウンロード
軽減税率対策5つのチェックリスト
店舗運営に役立つ流通用語集
体験させて購買に結びつける「売れる」デジタルプロモーション x Commerce(クロスコマース)
店舗スタッフの動画投稿から販売につなげる動画コマース「TIG commerce(ティグコマース)」
ページ上部へ戻る