• このエントリーをはてなブックマークに追加

モバイルバッテリーはビジネスの現場でも必需品の時代

今は一人1台のスマホやタブレットを当たり前に持つ時代。こうなると電源をいかに確保するかというのも大切な問題になります。プライベートだけでなく、仕事でもモバイル端末を使うことも日常的な風景になってきました。
スマホと一緒にモバイルバッテリーを持ち歩いている人も多いのではないでしょうか。

バッテリーは消耗品です。使用しているうちに、だんだんと使える時間が短くなるのは仕方のないこと。しかし、仕事中に電池切れで取引先と連絡がとれなくなったり、重要な作業が途切れてしまったりといったことのないよう、すぐに充電できるバッテリーは必需品と言えます。

今回はモバイルバッテリーの選び方とおすすめのバッテリーを紹介します。

【目次】

モバイルバッテリーを選ぶ時の4つのポイント

モバイルバッテリーを選ぶ時のポイントは4つあります。

  1. 容量
  2. 機能
  3. 重さ
  4. 価格

容量

まずはなんといってもバッテリーの容量です。mAh(ミリアンペアアワー)という単位で表示され、この数値が大きいほど長い時間充電することができます。普段私たちが使っているiPhoneなら2,000~3,000mAh、Androidなら3,000~4,000mAh程度です。またタブレットの場合はiPadが6,000~10,000mAh、Androidタブレットが5,000~8,000mAh程度です。

ただこの容量は、熱エネルギーロスが起こるので実際は全て使えるわけではなく、表示容量の約6~7割程度が充電できる大きさと考えた方がいいでしょう。

機能

いざという時に素早く充電するために、急速充電に対応しているものがおすすめです。2A以上の出力に対応したモバイルバッテリーは急速充電対応と表示されていることが多いため、仕様を確認してみましょう。

ただ、使用しているモバイル端末の種類によって急速充電の方式が異なったり、Androidのスマホの中でも、急速充電の仕様がいくつもあるので適したものを選ぶ必要があります。

重さ

モバイルバッテリーは持ち歩くのでやはり軽い方がいいですよね。スマホと一緒に持つことが多いので、同程度もしくは少し重いぐらいのバッテリーがコンパクトで便利です。ちなみにiPhone 8は約148g、Xperia XZは約161gなのでおよそ150gから重くても300g程度のものを選びましょう。

価格

モバイルバッテリーの価格は1,000円以下で買えるものから10,000円以上のものまでとピンキリです。使用するスマホやタブレットの台数や頻度などに合わせて容量、機能、重量を見極め価格とのバランスの良いものを選ぶようにしましょう。

おすすめモバイルバッテリー9台

それでは、容量別におすすめモバイルバッテリーを紹介します。今回は4,000円以下で買える(※)、手頃な価格でしっかり充電できるものばかりを選びました。
重量や価格などのスペックも合わせて比較してみてください。
※2018年11月当時のAmazonの価格を参考にしているため、現在の価格とは異なる場合があります。

 

スマホ1台を一回充電できる容量5,000mAh~10,000mAhのモバイルバッテリー

Anker PowerCore Fusion 5000(ホワイト)3,099円

5,000mAhの容量で189gという軽量。USBポートが2つあるモバイルバッテリーです。Anker独自のテクノロジーでフルスピードで充電。バッテリー充電用の折りたたみ式電源プラグがあるので、モバイル用でも自宅やオフィスでも使いやすい1台です。

Anker PowerCore Fusion 5000(ブラック) 2,999円

上記バッテリーのブラックカラー。急速充電対応なので出先でも素早く充電ができます。落ち着いたブラックなので、他の端末との色に合わせて選ぶのもいいですね。18ヶ月の保証付きで安心です。

RAVPower 6700mAh モバイルバッテリー 1,859円

6,700mAhと十分な容量があり、5.200mAh以上の製品の中で世界最軽量(※2016年9月末時点)の124gとコンパクトなモバイルバッテリーです。USBポートは1つ。バッテリー残量が4段階で確認できるので充電切れの心配がありません。

大型タブレットもOK!容量10,000mAh〜20,000mAhのモバイルバッテリー

Anker PowerCore 10000 2,799円

10,000mAhの容量と、10.000mAh以上の製品で世界最軽量(※2018年1月時点)の180gのコンパクトでパワフルなモバイルバッテリーです。バッテリーの残りを4段階から確認できるので充電切れの心配なし。Anker独自のフルスピード充電テクノロジーを生かして、接続された端末を急速充電してくれます。18ヶ月の保証付きです。

Anker PowerCore II 10000 3,699円

容量は10,000mAh、195gと軽量です。こちらはLEDホイールが搭載されています。Anker独自の充電テクノロジーにより、充電する端末に応じて最適な電流を流すことができます。またバッテリー残量を8段階で確認することができます。こちらも18ヶ月の保証が付いているので、万が一のトラブルにも対応してもらえます。

TSUNEOモバイルバッテリー 2,199円

容量10,000mAh、重量は190gとスマホと変わらない軽量さで、持ち運びも便利なモバイルバッテリー。USBポートは2つあるので、2台同時の充電ができて便利です。また標準の付属品としてiPhone用のLightningケーブルと、Androidスマホ用のmicroのUSBケーブルが付いてどちらにも対応しています。購入してすぐに使えます。

たっぷり大容量 20,000mAh以上のモバイルバッテリー

Powerade Pilot X7 20000mAh 1,999円

20,000mAhの大容量、重量は440g、そしてUSBポートが2つ付いたパワフルなモバイルバッテリー。安全のために過充電・過放電・加熱、そしてショートなどすると、自動的に充電を停止する保護機能があるために安心して使えます。Android用のmicro USBケーブル30cmが付いています。また、2年間の保証もついています。

Colel モバイルバッテリー 3,680円

容量は20,000mAh、そして容量に対しての重さは軽量で354gと3つの製品の中では1番軽いモバイルバッテリー。2つのUSBポート付き。LCDディスプレイで暗い場所でもバッテリーの残量がはっきり確認でき、LED懐中電灯も内蔵されているので明かりの少ないところでも使えます。電源は長寿命のポリマー電池を使用しているので長く使えます。また航空規定の100Wh以下のバッテリーなので機内に持ち込むことも可能。出張が多い人や移動が多い人にもおすすめです。

HuaFu モバイルバッテリー 2,900円

今回ご紹介する中では最大容量の24,000mAh、重量は508gのモバイルバッテリー。スマホを複数回充電が可能なパワフルモバイルバッテリー。過充電・過放電・加熱・ショート時に自動停止する安全機能や、バッテリー残量を確認できるLCDディスプレイを採用。持ち運びに便利なナイロン袋付きです。

コスパのいいパワフルなモバイルバッテリーを選ぼう

2台充電可能や、スマホを複数回充電できるもので、コスパの良いモバイルバッテリーは結構あります。重さや使いやすさなども含めて優れた1台を選んでみてください。

記事に関連するサービス
  • ORANGE POS
  • デジベル
ORANGE POS構築事例

S-cubism ニュースレター登録

お役立ち資料ダウンロード
軽減税率対策5つのチェックリスト
店舗運営に役立つ流通用語集
体験させて購買に結びつける「売れる」デジタルプロモーション x Commerce(クロスコマース)
MA・DMPツール 導入/運用支援
ページ上部へ戻る