DEVELOPMENT

請負開発

パッケージ販売だけではない、多くの構築ノウハウを生かした受託開発をおこないます。

エスキュービズムでは、「Orange Operation」の販売だけでなく、パッケージを使った受託開発を行っています。
Orange Operationには基本的な機能が標準搭載されているため、個人向け(BtoC)、企業向け(BtoB)問わず、
あらゆる規模、ジャンルのビジネスアプリケーション環境を構築できます。
また、パッケージをベースとしているため、通常の受託開発ではかなえられなかったスピード感・費用感でのご提案が可能です。
プロジェクトは、弊社のこれまでのノウハウだけで進めるのではなく、あらゆる分野に特化した力強いパートナー様と共に進めて参ります。

開発の手順

案件を受託後、大規模な開発の場合は基本的にウォーターフォール型のステップで開発を進めます。
実験的な案件や期間限定の案件に関しては、アジャイル開発の手法を取り入れる場合もございます。

※案件の内容やご要望に応じて開発手法は変わりますのでご相談ください。

プロジェクトを成功に導くノウハウ

各工程を専門化し、進行管理と要件管理を切り分けます

統括PMではない、工程ごとの専門責任者

弊社では、プロジェクトを横断した統括PM(プロジェクトマネージャー)を設定せず、各工程ごとに役割を分けた責任者をアサインいたします。大規模案件の場合、従来のプロジェクト体制ではPMが1人で全てを見て回すことは業務範囲が広大になり、適切な判断・管理が難しくなることが頻繁に発生します。また、システムは十分に理解しているがビジネスを理解していないために、機能は完成したが運用ができない、売上につながらないというトラブル発生のリスクがあります。

そこで弊社では、ビジネスを十分に理解した担当者が要件定義を、システムを十分に理解した担当者が設計と開発管理を、というプロジェクト体制で、各工程ごとに専門の責任者が担当しプロジェクトを遂行する仕組みを作っております。

アジャイル型開発にも対応

実験的なプロジェクトや期間限定プロジェクトでは、アジャイル開発の手法も採用しています。

サービスを短期間(※)でリリースし、実験、検証、修正のPDCAを高速で回しながら実験的にサービスを開発する手法を行っております。その場合、弊社と貴社の双方からでスクラムを組める専門スタッフをアサインしプロジェクトを進めていきます。 内容に応じて大勢のスタッフが必要になる場合がありますが、チームの組み方は柔軟に対応できますのでご相談ください。

※プロジェクトの内容により異なりますが、およそ2週間を目処にしています。

開発期間・費用・お見積もりについて、専門スタッフがお答えします。
まずはお気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

03-6430-6732

( 受付時間 平日 9:30〜18:30 )