• このエントリーをはてなブックマークに追加

ビッグデータとAIを活用した、店舗経営アシスタント「Airメイト」

リクルートライフスタイルは1月30日に、ビッグデータやAIを活用して飲食店の経営をアシストする「Airメイト」を発表しました。

Airメイトでは、同社の提供しているPOSレジアプリ「Airレジ」をはじめ、予約管理台帳「レストランボード」、シフト管理サービス「Airシフト」などと連携することで、タブレット端末で集客や仕入れ、客単価などの経営状況をひと目で把握することが可能です。

これまで人の力に頼らざるを得なかった部分をデータ化・可視化することで、コストの削減およびクオリティの高い改善アクションの実現が期待されています。

Airメイトは2018年春から、飲食店を対象に提供が開始され、その後美容や旅行の分野にも展開されていく予定です。

ビッグデータとAIを活用したサービスは今後も増えていく

リクルートライフスタイルは4年前に無料POSレジアプリの「Airレジ」をリリースし、続けて非現金決済の「Airペイ」、待ち行列を管理する「Airウェイト」など、数々の店舗業務サポートツールを提供してきました。

今回の「Airメイト」はAirレジの新たな進化形で、データをもとに自動でグラフや表が作られることで、誰でも簡単に店舗状況を把握し、改善に役立てることができる仕組みです。

Airメイトにはさまざまな機能が搭載されており、たとえば「全店舗サマリ」では、

  • エリアの人気データ
  • 売り上げ目標

のマトリクスから各店舗をマッピングすることで、地域の活性度を分析します。
それにより、店舗経営がエリアの影響によるものなのか、それ以外の要因によるものなのかを判断することができるのです。

また、店舗ごとに、

  • 集客数
  • 客単価
  • 人件費
  • 予約キャンセル率
  • 電話不成立件数
  • ファーストドリンクの平均提供時間

などの詳細なデータまで可視化することができます。
これらのデータを分析することで、店舗の問題点にいち早く気づき、改善につなげることが可能です。

そして、Airメイトの店舗データ分析には、Googleが提供するデータウェアハウス「BigQuery」が使用されています。

BigQueryはクラウド上にあるビッグデータ分析に特化したデータベースのため、大量のデータ分析に向いており、10億行くらいのアクセスログであれば2~3秒で解析が可能です。

また、AIを使用する際にシームレスに使うことができ、データを保存しておくクラスタが仮想的に1つになっているので、社内でのデータ共有が促進されるというメリットもあります。

ビッグデータとAIの相性は非常によく、今後もそれらを活用したサービスは増えていくことでしょう。

参考:店舗経営アシスタント「Airメイト」が飲食店を変える
https://news.mynavi.jp/article/20180205-580017/

PR:売上に貢献する大規模対応多機能タブレットPOSレジシステム「OrangeOperation」

POSをはじめとして翻訳接客、店頭店内サイネージ、在庫や顧客データの統合DBなどありとあらゆる業種のサービスをカバー。ネイティブアプリの次世代プラットフォームで小売革命を!

アーカイブ

S-cubism ニュースレター登録

S-cubism ニュースレターとは

ページ上部へ戻る

POSシステムの機能や導入に関するご相談は
お気軽にお問い合わせください。