• このエントリーをはてなブックマークに追加

飲食店がオーダーエントリーシステムを導入するとどのようなメリットがあるか?

最近、飲食店によっては、オーダーエントリーシステムを導入しているところがあるようです。
では、オーダーエントリーシステムとはどのようなものでしょうか?

オーダーエントリーシステム(OES)とは

オーダーエントリーシステムというのは、簡単に言えば、従来飲食店で伝票が手書きで行われていた連絡や注文などのメモをデータ化したものです。
情報をバックオフィスでも共有することができるように、従来のPOSシステムの機能を拡張したようなものであるとも言えるでしょう。
分かりやすいのは、飲食店において注文を店員が受ける場合に使っているハンディターミナルや、テーブルに置いている呼び出しボタンをイメージするといいでしょう。

次に、どのようなことが飲食店のオーダーエントリーシステムでできるか、あるいは、飲食店でオーダーエントリーシステムを導入するとどのようなメリットがあるか、についてご紹介します。

飲食店のオーダーエントリーシステムでできること

飲食店のオーダーエントリーシステムは、店員が呼ばれて注文を受け、調理して配膳し、会計するまでの管理を一括で行うもので、情報を共有するためにデータを在庫管理や経理処理にも送るようになります。
このオーダーエントリーシステムを導入すると、大幅にそれぞれの作業時間が短くなる以外にも、ヒューマンエラーが少なくなるというメリットがあります。
また、顧客に対しても、料理を正確に素早くサービスすることができます。
飲食店のオーダーエントリーシステムの場合には、ハンディターミナルに顧客の注文を入力して、厨房においてあるオーダープリンターですぐにプリントアウトして注文を受け付けるとともに、売上情報の確認、会計処理、在庫確認や経理処理まで、この情報からリアルタイムにコンピュータで処理することができます。

ハンディターミナルとリンクする

オーダーエントリーシステムは、一般的にハンディターミナルという指示や注文の入力が片手でできるものとリンクしています。
機能はハンディターミナルによって違いがあり、使途によって使い分けができます。
例えば、注文をハンディターミナルに入力すれば、厨房に置いてあるモニターに注文が表示されるものや、厨房に置いてあるリンクしているキッチンプリンターから注文票がプリントアウトされるものなどがあります。
ハンディターミナルを導入する場合には、サイズ、重量、操作性、メニューを変える際に簡単に情報が変更できるかを検討項目のベースにして選択しましょう。

スマホでオーダーエントリーシステム

最近のオーダーエントリーシステムは、クラウドシステムに対応したアプリとして開発されているものもあり、スマホをハンディターミナルの代わりに使うタイプも登場しました。
これまではハンディターミナルはPOSシステムと連動した専用端末が主でしたが、スマホなどの汎用デバイスを使えるようになり、オーダー以外の利用用途が増えるメリットが生まれました。

Orange Operationのオーダーエントリーシステムでは店内の配膳状況や入店からの経過時間を把握できるテーブル一覧機能、ドリンクとフードのキッチン伝票の出し分けにも対応しています。さらに、会計機能と連動させることで売れ筋メニューや客単価の分析が可能になります。

伝票を手書きする際の課題・問題

従来、飲食店においては、伝票は全て手書きして、意思疎通をキッチンとホールのスタッフ間で図っていました。
アナログが当然であった頃の課題・問題としては、
・読み間違いや書き間違いが生じる
・キッチンにホールから伝票を直接届ける必要があるので作業効率が悪くなる
・会計する際にはレジ打ちを伝票を見ながら行うので、打ち間違いが生じたり、時間がかかったりする

ことが挙げられます。
飲食店のハンディターミナルを使ったオーダーエントリーシステムは、このような人為的な間違いや、作業時間が非常に少なくなるものです。

飲食店でオーダーエントリーシステムを導入するとどのようなメリットがあるか

オーダーエントリーシステムのハンディターミナルを使ったものは、最も飲食業界で活躍できるでしょう。
飲食店のハンディターミナルを使ったオーダーエントリーシステムであれば、個別の多くの注文を受けて厨房に正しく伝えて、注文した商品を短時間で顧客に届ける、というような煩雑な作業も、人為的なミスを少なく効率的にできます。
ここでは、飲食店でオーダーエントリーシステムを導入するメリットについてご紹介しましょう。

回転率がアップする

注文を受けるたびに厨房へ行って注文を伝えるということが省略できるので、サービスまでの時間が短くなり、接客品質がアップします。
顧客が店の中に居る時間が短くなって、回転率をピーク時をメインにしてアップすることができるようになります。
さらに、ハンディターミナルによっても違ってきますが、ハンディターミナルからテーブルを使っている状況、客層、来店する人数などの情報を共有することができます。

商品を迅速にサービスできる

伝票を手書きする場合と比べて、先にご紹介したように入力をハンディターミナルに行うのみであるため、非常に注文する時間を短くすることができます。
また、統一した商品の名前になるため、個人によって注文する内容に違いがありません。

注文間違いが防げる

伝票を手書きする際に頻繁に発生する記載間違いが無くなって、大幅に注文間違いが少なくなります。
なお、ハンディターミナルに入力した後に、注文リストを確認するために読み上げれば、ほとんど注文間違いは無くなります。
厨房においても、注文した品名、順番、注文数などが同時にはっきりして、大幅に誤配と調理間違いが少なくなります。
また、外国人のスタッフのように、日本語を読むのは得意であるが、書くのは得意でないような場合でも、ハンディターミナルを操作する方法のみが分かると使えるので、現場に研修期間が短い場合でも立てることも一つのメリットです。

作業時間の効率化ができる

注文を受けてから在庫を管理するまでのデータが一元で管理できるので、経理や発注を担当しているスタッフの作業時間が効率化できます。

迅速にレジ会計ができ、不正が防げる

POSレジのバーコードが読み取れるものとリンクさせることで、レジ会計がオーダーエントリーシステムとリンクしたプリンターからプリントアウトした伝票でできます。
また、オーダーエントリーシステムによっては、データを直通送って会計をしたり、レジでテーブルごとに会計情報を確認したりすることなどができます。
そのため、注文した内容を計算したり、打ち直したりすることがなくなるため、精算が迅速にできます。
当然ですが、レジの打ち間違いもないため、顧客から信頼されるようになります。
しかも、そのままオーダーエントリーシステムのデータを使って操作ログをPOSレジで記録すると、会計する際の不正を防止することもできます。

飲食店のオーダーエントリーシステムによってサービスと業務の効率をアップする

飲食店として小さな規模でメニュー数が多くない場合には、スタッフの小回りがきくのでオーダーエントリーシステムはそれほど必要ないかもしれません。
しかし、規模がある程度ある、あるいは規模を拡大したいと思っている場合には、オーダーエントリーシステムを導入することを早い時期から計画しておく方がいいでしょう。
オーダーエントリーシステムを導入する場合のイニシャルコストは、早い段階ほど少なくなります。
しかも、伝票は手書きで管理するよりも、POSレジとリンクしてデータとして保存しておくと、経営状態をすぐに掴むことができ、分析を通して改善対策を迅速に行うことができます。
そのため、このようなことを考えると、トータルの長期的な収益率はアップすると想定できます。
効率良く業務を行うことは、最終的に最上クラスのおもてなしが顧客に対してできるため、売上アップになります。
飲食店の売上をアップしたいのであれば、ぜひオーダーエントリーシステムの導入を検討してみましょう。

記事に関連するサービス
  • ORANGE POS
  • デジベル
ORANGE POS構築事例

S-cubism ニュースレター登録

お役立ち資料ダウンロード
軽減税率対策5つのチェックリスト
店舗運営に役立つ流通用語集
体験させて購買に結びつける「売れる」デジタルプロモーション x Commerce(クロスコマース)
MA・DMPツール 導入/運用支援
ページ上部へ戻る